製品紹介 銅・アルミ横巻平角線

製品紹介

※クリックすると各製品ページへリンクします。

銅・アルミ横巻平角電線

 圧延方式による平角線製造技術を生かし、トランス・溶接機・ リアクトル・リフティングマグネット等のコイル巻線用裸平角線及び、クラフト紙・アミン添加紙・ノーメックス紙・PENフィルム等の絶縁紙巻電線を信頼性のある大手電線メーカーの素材(銅・アルミニウム荒引線)を使用し製造しております。
 導体製造から最終紙巻製品までを一貫して製造し、十分な品質管理体制の下に、短納期、高品質をモットーとした製品づくりを心がけております。

当社の銅及びアルミ横巻平角電線の特徴

1.導体用素材の品質が安定しています。

 平角電線用素材は、信頼性のある特定一流メーカーの素材を使用しているため、常に安定した品質が確保されています。

2.多種・少量・短納期に適応できます。

 素材から最終製品までを同一工場内で製造し、且つ当社独特の多種少量生産に順応できる機械設備により、多種・少量・短納期のご要望にお応えいたします。

3.製造工程中の品質管理体制が整っています。

 導体については、圧延ライン中にレーザーマイクロメーター等の監視機器を装備し、寸法・形状等を厳重にチェックしています。
 紙巻工場は、温湿度調整を施した防塵室で異物の混入がないよう細心の注意を払っています。

4.平角電線の製造範囲が広い

 各種平角圧延機を多数保有しており、幅・厚みともに広範囲にわたっての製造が可能です。
 また、幅・厚みの比率においても、引き抜き加工に比べて銅・アルミともに15:1程度まで製造が可能です。

5.テーピングの巻ピッチ及び巻き強さのバラツキが小さい。

 当社独特の紙巻き加工機により、巻きピッチのバラツキが非常に小さく、巻き強さも精密にコントロールできるため安定した絶縁性が得られます。

6.大型ドラムに巻き取ることができ、ロス減少に貢献できます。

 銅の場合で最高400kg、アルミの場合で最高150kgまでお客様のご要望に応じた各種ドラム姿で納品が可能です。

 

紙巻現場写真 P550(黒)アミン添加紙 P600ノーメックス