製品紹介 亜鉛線

製品紹介

※クリックすると各製品ページへリンクします。

金属溶射用亜鉛線

 金属溶射とは、金属を“塗りつける”技術のことでメタリコンとも呼ばれています。
 金属を“塗りつける”には、溶かした金属を圧縮空気で物体の表面に吹き付けるわけですが、この方法はどんな固体にでもメッキあるいは肉盛ができるばかりでなく、必要な部分へ必要な厚さの金属皮膜を被覆できる優れた利点があります

 当社では、種々の金属溶射用素材のうち亜鉛線を電気精錬された最純亜鉛地金(EMC)を原料とした亜鉛線の圧延・伸線加工を行っています。

当社の亜鉛線の用途

1.産業部品への溶射

 産業用機器に用いられる部品の防錆・防食・耐磨耗などの機能性溶射に用いられています。
 例:自動車部品溶射用材料、パイプ溶射用材料

2.亜鉛メッキ電縫鋼管の溶接部分の連続溶射による防錆処理

 例:ビニールハウス用のパイプ、建築足場管

3.鉄鋼鋳造物への防錆溶射

 鉄鋼鋳造物の大型化及びメンテナンス費用の軽減のため、重防錆の必要が増加し、その一環として亜鉛による直接防錆及び塗装下地としての亜鉛溶射用に使用されています。
 例:橋梁・道路

亜鉛線荷姿